銀色風の
風呂敷

2012-20XX

風呂敷を銀色に染めたい!

日本は古くからメタリックカラーを好んで使う民族でした。
それは日本の歴史を見れば一目瞭然です。

千利休の茶室も金色であったり、太閤秀吉も金のお城を建設したりしました。
これは公家や武家だけに見られることではなく、日本の一般人にも
好んでメタリックカラーを好んで使う風習や文化があります。

婚礼衣装では金銀の糸で装飾されたつのあっくしなどを身につけます。
またおめでたい咳では欣也銀の屏風などが建てられます。

そして普段使いのバッグや風呂敷も、こうした縁起の良い銀色に染めたいと思う人も少なくありません。
ですが、木綿や麻素材の風呂敷をこのようなメタリックカラーにきれいに染め上げるのは非常に難しいと言われています。

特に顔料系のインクジェットプリントが用いられますが、天然素材にはきれいに色が発色しない欠点があるのです。
どこかくすんでしまうと、せっかくのシルバーカラーがグレーのようにも見えてしまい、
非常に残念な結果になることも少なくありません。

そこでお勧めしたいのが、豊彩色インクジェットプリントです。
これであれば麻や木綿の天然素材は勿論、ポリエステルにも美しく銀に染め上げる事が可能となるわけです。

銀風に染める

上質感を再現できます

今まで顔料系のインクジェットプリントが主流でしたが、豊彩色インクジェットプリントの登場で
染色の常識が覆されるようになりました。難しいとされた麻や木綿の天然素材にも
銀や金のメタリックカラーも明度の高い染色が可能となったのです。

しかもその質感は上質感の再現も実現し、仕上がりは非常に高品質でラグジュアリーであると言われます。
インクジェットを変えるだけでこれほどまでに発色や質感が異なり、風呂敷のグレードもアップすることに驚かされます。

風呂敷のほか、暖簾やのぼりのもこの染色法が用いる事が出来、高品質な仕上がりになるのです。
風呂敷は、単にメタリックカラーを色鮮やかに染め上げるだけにとどまりません。

複数の顔料を組み合わせる豊彩色のインクジェットプリントなので、
今まで難しいとされていたグラデーションカラーにそめ上げる事もできるのです。

色の微妙な変化を見事に再現し、レインボーカラーも非常に美しく染める事ができるのです。
このインクジェットプリントのおかげで、染色の幅が広がりデザイン性も豊富になったのは言うまでもありません。

美しい染色

木綿や麻を綺麗にそめ上げるだけでなく、ポリエステル素材にも適応できます。


 

サイトトップ  現代のふろしきの需要  自由自在ふろしき  ふろしき選ぶ楽しさ  オーダーメイドふろしきを作る  防災グッズのふろしき  マップ  敷いて着替えを行ったため、「風呂敷」  市販の生地から真四角を取り出す方法  子供用  旅行    バッグ  老舗  祝儀袋  マナー  風呂敷はかなり昔から使用されていた  ふろしきの素材を探す  1枚からの製作出来る会社もある  まとめ買い  撥水風呂敷  平包(ひらつつみ)  季節柄:冬  ペット再生繊維  価格の理由  SDGsを意識した生活  動物モチーフ  贈り物を包めるデザイン  大切な物を守る  youtubeで話題のリサイクル風呂敷  豊彩色インクジェットプリントとは  便利な風呂敷の活用術